毎度お邪魔いたしております


今日も山でした。毎日山です。
山菜採りももちろんだけど、最近は携帯ミルと携帯ドリッパーを持ち出して沢の水でコーヒーを飲むという自堕落ぶりだ。友人と二人、沢の懐、腐葉土の布団の上で俺は粉糞。
細かめにひいたエチオピア豆から濃い目に抽出したコーヒーをお湯で割って真っ赤なホーローのカップで頂いた。
カップを口に首を上げると山の稜線が目に入る。一口飲み込んで前を向くと友人の笑顔が目に入る。暖かい日だ。谷が風を遮って穏やかだ。

ふと友人の後方に目をやると、黒い塊が木と木の間を横切る。

静かに友人に告げた。「慌てないでくれ、背後にクマがいる」友人はさらに笑うが、背後から目を外さずゆっくりナイフを抜いたところで友人から笑顔が消えた。
クマは25m先でアシタバの新芽を食んでいる。こちらをチラ見しつつ新芽を食んでいる。
あまりこちらを敵視してないようなのでさらにコーヒーを一口飲んだ。
クマはアシタバの新芽を食んでいる。
コーヒーを飲み干してゆっくり立ち去りました。
お邪魔しました。
  • 2015.04.24 Friday
  • 23:06
  • -

JAZZ


JAZZと聞けば皆さん、それだけでどう感じますか?僕はといえば、小さい頃から馴染みがあったわけでもなく、若い頃に衝撃を受けたわけでもない、正直今現在ですらピンときていない。いわゆるスタンダードや前衛的な楽曲など、本当に多くの作品が世の中に溢れている。JAZZという垣根を忘れた頃にふと耳に届いた素晴らしい曲たちがあります。JAZZはジャンルではなくプレイスタイルなのかなと感じたりするようになったきっかけは9年と11カ月前、いつもお世話になっていたbar Redhouseで始まった「ジャムナイト」というイベント。毎週火曜日、時には朝方までとりとめのないセッションを繰り返しました。JAZZをやろうとなりまず購入したスタンダードブック。「枯葉」「Fly me to the moon」「イパネマの娘」「Over the rainbow」、、誰もが一度は聞いたことがあるような楽曲が数多く収められた譜面集を前に、見た事も押さえたこともないコードと、全く目で追えない音符、進み方のわからない記号たちと格闘しました。ロックバンドの人は譜面が読めないという人の方が多いかも知れません。キーボード奏者以外。みんなほとんど独学だし、そもそも音楽の小難しい部分を排除してシンプルに削ぎ落としていったものがロックミュージックにつながっています。なのでそこそこ腕に覚えのあったギターテクニックも、初めて出会った「JAZZ」の楽曲を前に文字通り手も足も出ませんでした。当初はもちろんお金など頂くこともなく、拙い演奏を披露しては恥をかき、悔しさと悔しさと情けなさに泣きそう、いや、泣いたかもです。今も全然悔しいです。毎週毎週、火曜日という曜日もあってかこの10年間ほぼ毎週、Redhouseの隅っこでやってきた「ジャムナイト」が今回をもって終わりました。JAZZはまだまだわからないけど、halosや僕にたくさんの影響を与えてくれました。演奏スタイルとして。そして一番の教えは「逃げたらダメよ」です。

芳賀洋介、加賀谷元気、二人にはいくら感謝してもしきれない。
たくさんの出会い。今の僕があるのはRedhouseのおかげです。

音楽は鳴りやまず。
ありがとうRedhouse。今週末で最後です。
  • 2015.04.16 Thursday
  • 00:30
  • -

タイム's


秋田に暮らして音楽事務所を営んでいます。
ローリングサンダーレコーズという屋号です。

主にCMや番組の中の色々な音楽を制作したり、ナレーションの録音、オリジナル楽曲の制作、ギターレッスン、最近は音響関係の仕事も承っています。

明日の天気予報は久々の晴れで、気温も16℃という予想。抱えている仕事の締め切りが迫るも間に合えばいいのです。季節はいつもせっかちに後ろ姿を追わせるもので、追いかけるばかりの僕もいつものことです。

先日、事務所敷地内に悠然と佇む一本だけの枝垂れ桜の全ての枝が切られてしまいました。管理している方の気持ちは分かりませんが、とても残念な気持ちで、今もずっと寂しいままです。
これから訪れる花の季節はもちろん、盛夏の頃にもたらす日陰も、秋の侘しさも全て奪われてしまったわけです。
放ったらかしにされた梅の木を見たのもあいまって最近「桜切る馬鹿、梅切らぬ馬鹿」という言葉を知りました。




  • 2015.04.10 Friday
  • 00:30
  • -

北海道二日目


何処を見渡しても北海道らしく感じてしまうのは何故だろう。
そんなに北海道の事を知らないし、よく見れば、いつもの車窓と変わらないのに。変な主観が入ってるのは確かだけど。
空を遮るためにしか存在しないビル群もない、色々混ざりすぎてなんなのかよくわからなくなった臭いもない。ダケカンバとカラマツが多く茂った山には、エゾシカ、ヒグマもいるだろうなとか、峠越えの小さなパーキングで煙草を吸って吐いて。
「コイカクシュシビチャリ川」
なんだ、この川の名前は。アイヌ語か何かかな。川辺の側の植物の茂り方が独特だ。
うねった丘陵に上手いこと建つ納屋か何かの建物、馬、牛、羊。人より多いね。
札幌か、あまり行きたくない。
ライブはしたい。スープカレーとかそんなのも一度くらい食べてもいい。
ただ街に行くのが億劫に感じただけでした。
  • 2015.03.24 Tuesday
  • 10:48
  • -

wash wash

ぬるいラーメン
100万円超のAppleWatch
守るものが何なのかさえわからない警察官

何かに期待したい気持ちはよくわかる。旅先の冬のラーメン屋で温もり待つ気持ち。きっと5年後には先端テクノロジーとしての価値も失せ充電すらできなくなっているであろう金の時計にも、追い詰められて最後に頼ったすがるような気持ちにも、純粋な期待があるのだと思う。

ショッピングのついでに買い物カゴに入れた犬猫の子供も、あんなに愛したのに全然いうことを聞いてくれないと、買いすぎて腐らせた食材のように呆気なく捨てるもので、バカな期待もまた親から子へと永遠連鎖し、存在し続ける。

今を生きることに漫然として、明日のスケジュールのために身動きがとれない僕なんかとっくの昔に誰かがなんとかしてくれるって期待して、アマゾンの森を喰らい潰すパームヤシの洗剤で、年端もいかない子どもたちに強制労働を課すカカオのバレンタインデーで、全くのほほんと暮らしているのだ。

  • 2015.03.15 Sunday
  • 00:44
  • -

秋田県南地域


今日はhalosのCDを置いてくれている秋田県南地域のレコードショップを挨拶回りさせていただきました。
多くの方に音源を手にして頂いてることを実感できました。本当にありがとう。

ついでに、今年8/8に秋田県大仙市に開局するコミュニティーFM「FMはなび」さんにご挨拶。開局準備に奔走されていました。
日本一の花火のまち大曲のFM局です。楽しみにしています。

さて、今夜は恒例火曜日セッション at Redhouse、そして今日からちょうど2週間後、24日火曜日は札幌スピリチュアルラウンジにてhalosライブ。
昨年12月に天候不良にて渡れなかった北海道、ライブハウスさんのご好意により再チャレンジ!
当日はFMノースウェーブさんの番組「WITH」の生出演もあります。

諸越の新しい中古車、夏タイヤと聞いてます。
  • 2015.03.10 Tuesday
  • 18:06
  • -

ローリングサンダーレコーズの勧め

水道もトイレも、コップの中の余ったコーヒーも、全てが凍りついた事務所で薪に火を点しブルブル震えていいると宅配業者。
新たに購入した機材が運び入れられました。

halosのドラマー諸越俊玲(もろこしとしあき)はhalos以外に多くのバンドのサポートをしているが、演奏以外にもライブハウスやイベント会場で音響のオペレーターとしても活躍している。

この度そんな彼の力を借りて新たに音響業務をローリングサンダーレコーズとして行っていくことになりました。
イベンターなど運営側の視点と、バンドやミュージシャンとしての視点、その両方の視点で配慮の行き届いた音響サービスを行っていけるものと思っています。

ローリングサンダーレコーズは、演奏のご依頼、PA、音響オペレーション、CM音源やジングル、サウンドロゴなどの制作、レーベル業の他に、ギターレッスンやバンド運営などのワークショップ、レコーディングなども含めて幅広く音楽に関する要望に応えていきます。

ご依頼は info@rt-records.net
FacebookやTwitterからのダイレクトメッセージなどからもどうぞ。
オフィシャルサイト http://rt-records.net
  • 2015.02.10 Tuesday
  • 14:48
  • -

今週末のhalosは秋田市南通のカフェブルージュにて13:30オープンのデイライブ。

出演はhalos / 渡辺諒(アンテナ) /Hacchi(Autumn-River Willow)

halosは3番目、16:00くらいから演奏します。

詳細はhalosオフィシャルサイト
http://halos.cc からどうぞ。

2月14日(土) 秋田 cafe brugge
開場13:30 / 開演14:00
チケット前売1,000円+1Drink(500円)

土曜日の昼間から飲みましょうね。
  • 2015.02.10 Tuesday
  • 00:14
  • -

ギター

14歳、ギターに出会う。
友達の兄さんがUNICORN「服部」のイントロリフを弾いてみせた。
衝撃、自分のアイドルがやっていることを目の前の人がやっている。
次の日、ギターを買う。
フェルナンデスのストラトタイプ。アンプとチューナーがセットになったやつ。
練習してるつもりはなく、ただUNICORNになったつもり。

15歳、Hard Rockに出会う。
使用機材はGrecoがゼマティスをコピーした3ハムバッカーギター。
練習してるつもりはなく、ただEddie Van Halenになったつもり。

18歳、Los Angelesへ、Bluesに出会う。
全力で中二病。全員嫌い、消えてなくなりたい。
high & jump、trip & ride。
練習してるつもりはなく、Otis Rushになったつもり。なんで左利きなのにおれ右で弾いてるんだ。
使用機材はフェンダージャパン、テレキャスター。

19歳、東京は江戸川区中葛西。
友人宅に居候しながら居酒屋さんでバイト。毎日バイト。

20歳、岩手県一関市。
クリーニング店の配送。
毎日200kmの配送ルート。

21歳、新潟県新潟市。
コック見習い。
1日平均15時間労働、キックの嵐。
あまりギターを弾かない。


  • 2015.02.03 Tuesday
  • 22:08
  • -

新潟市

新潟市でやるのが久しぶり
2013年の5月ぶり


2015年 2月7日(土) 新潟 rirupa
イベントタイトル : ねぎしナイト
出 演形態:ソロ
出演:halos / 服部稔 / エイトヤマザキ / 嶋本大吾
開場18:30 / 開演19:00
チケット:前売 2,000円 1Drink付き

ニューアルバム連れて行きます!
新潟のみんなに会えるのを楽しみにしてます。
  • 2015.01.27 Tuesday
  • 17:03
  • -

<< | 2/246PAGES | >>

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>
     
ARCHIVE
 

links

search this site.